ユメカツ | » 高い実力を身につけ、美しいキャラクター創造に挑む
YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

高い実力を身につけ、美しいキャラクター創造に挑む

高い実力を身につけ、美しいキャラクター創造に挑む

〜好きなゲームと絵で将来を拓きたい〜
ゲームが大好きで、小学生の頃からよく遊んでいました。中学生の時にプレイステーション3が発売され、格段に美しくなった映像に引き込まれたのがこの業界を目指したきっかけです。もともと絵を描くことが好きで、キャラクターの模写やイラストをよく描いていたこともあり、好きなゲームのキャラクターを自分も創ってみたい、ゲームグラフィックの仕事がしたいと思っていたのですが、高校1年生の終わり頃、技術を身につけてゲームの世界で働こうと決めました。
ゲームはさまざまな分野の専門家によって創られ、私が志望するグラフィック分野だけでも仕事は細分化されています。最初は必要な知識や技術もわからなかったので、ゲーム会社のホームページを調べ、専門学校の体験入学で参考になる話も聞きました。そんな中、これまで絵を習ったことがなかったことを思い返し、3年間じっくり美術の基礎から幅広い知識まで学べる、福岡デザインコミュニケーション専門学校への入学を決めました。

 
〜モチベーションを維持し画力と知識を吸収〜
入学後は絵の基本やパソコンのツールの使い方などを基礎から学びましたが、覚えることが膨大。特に3D グラフィックの勉強は複雑で頭が痛くなるほどでした。そこで、頭で理解するより手で触って体で覚えようと、ひたすらパソコンに触り、わからない時は先輩や先生に聞いてまたパソコンに触るという繰り返しで覚えてきました。
また、キャラクターを立体化するには確かなデッサン力が必要なので、少しでも絵を描く技術を身につけようと、授業の合間を縫って自主的にデッサン室でデッサンに励みました。それに加え、海外のグラフィックソフトを購入して勉強したり、好きなアーティストの作品や映画を見たりして、キャラクターや世界観を創る参考にもしました。良い作品を見ると、自分もいつかこんなすごい作品を作ってみたい、という気持ちになってやる気が湧いてきます。

 

 

〜技術を極め誰にも真似できない世界を目指す〜
この夏、ゲーム制作会社への就職が決まりました。目指すのは、早く確実にクオリティの高い仕事をすること、ほかの人が真似できない造形的に美しいキャラクターを造ることです。それに向かって卒業までしっかり勉強を続けて、スペシャリストにふさわしい実力を養うつもりです。
ゲームグラフィックの世界を目指す高校生は、なるべく早くから絵の勉強をしてください。パソコンの専門知識はいくらでも覚えることはできますが、画力は簡単に身につくものではありません。仕事が細分化されているゲーム制作ですが、グラフィックの世界は画力があれば仕事の幅が広がります。ユメの実現のために、自分ができることは早くから始めることです。

 

 

学校名 福岡デザインコミュニケーション専門学校
氏 名 鬼木 拓実
学 年 3 年
学 科 ゲームグラフィック&キャラクター専攻
出身校 福岡県立行橋高等学校