YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

まわりを巻き込み、「食」で人々を支える、縁の下の力持ちに

まわりを巻き込み、「食」で人々を支える、縁の下の力持ちに

~祖父の背中を追って~

中学生のころからずっと農家になりたいと思っています。このユメは誰に何を言われても変わりません。きっかけは、中学生のころ、農業をやっていた祖父が高齢のため稲作を辞めてしまったことです。私も毎年田植えや稲刈りを手伝いに行って祖父の背中を見ていたのですが、その頃の祖父は力強く、とてもかっこよかったのを覚えています。また、近所でも同じように高齢を理由に農業を辞める人がいました。農業人口の減少・高齢化という問題を目の当たりにしていて、人間が生きる上で欠かせない「食」を守らないといけない、と危機感とか使命感のようなものを持ったのです。はじめは祖父に「農業ではやっていけないから辞めた方がいい」と言われました。両親も不安そうでしたが、今では応援してくれています。農学部の友人には、九州大学の農学部ならバイオテクノロジーでしょ、と言われました。実際にバイオテクノロジーに興味を持った事もありますが、常にそれをどう農業に応用できるかと考えている自分に気付きました。やはり私の軸は、「農業」だったのです。

〜 具体的ビジョンへ 〜

農学部に入って、それまで漠然としていたユメは具体的になりました。先生や先輩の話を聞いたり、農業経済などの実践的な学問を学んだりすることで流通や経営について明確になりましたし、化学の応用なんかも考えることが出来るようになりました。今は、自分は農家になれるんだという期待感でいっぱいです。大学卒業後は、まずは農業会社に就職して修行したいと思っています。そこで知識や経験、ノウハウなどを蓄えたあと、自分の会社を持って農業をやるつもりです。個人ではなく、ビジネスとして、です。現在の農業では生産をして決められたところに売るのが主流で、値段も買う側に決められます。しかし私は生産から流通経路の確保、販売まで自分達で担うビジネスをやっていきたいと考えています。そうすることで消費者から反応をもらいながら研究開発をし、よりよい農作物を創っていくことが出来ると思います。
大きな目標としては、農家の「古臭い、田舎者」といったイメージを医者とか弁護士のように「かっこいい」と思われるように変えることです。そうやって若者にも農業に興味を持ってもらいたいと思います。農業は地味だけど、生きるのに欠かせない食べ物をつくる大切な仕事です。その部分を担う「縁の下の力持ち」のような存在になりたいです。

〜 高校生へ 〜

やりたい事や目標は、具体的に決まらなくてもあったほうがいい。それはいつでも修正したり乗り換えたりすることができます。漠然としていても将来を具体的に考え、そのために知る努力をすることで面白い発見があると思いますよ。

 

学校名  九州大学
氏名   緒方 裕大
学年   3年
学科   農学部
出身校  福岡県立福岡講倫館高等学校