ユメカツ | » 資格取得でまずは力をつけ、経営者へのユメを描く
YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

資格取得でまずは力をつけ、経営者へのユメを描く

資格取得でまずは力をつけ、経営者へのユメを描く

〜ユメに向かって資格取得〜
高校時代、将来のユメや、やりたいことは見つからなかったのですが、会社に勤めて指示通りに動くような働き方は自分には向いていないと漠然とながら思っていました。
好きなことを自由にやりたいという気持ちが強く、経営者になれればと考えていましたが、そのためには何をすればいいかわかりません。そこで、まずは会社経営の基本である簿記を学び、どこでも通用する事務のスキルを身につけようと思い、本校に入学を決めました。
もともと計算や数学が得意だったので、簿記なんて簡単だろうと思っていました。しかし、実際は数学の勉強とは全く違う複雑なルールや難しい用語がいっぱいで、意味を理解しながら覚えるのは大変だったのです。すぐに、甘い考えで学んでいてはダメだと反省。わからないところは先生や友人に尋ねて積極的に勉強し、たくさんの資格を取ることを目標にしました。

 
〜将来の目標を定める〜
勉強と並行して、どんな業界で働きたいのか、ずいぶん模索しました。将来は経営を任されるまでになりたいと思っていますから、好きな業界だとモチベーションはさらに上がります。そして見つけたのがオートバイでした。父がオートバイに乗っていたので興味はあったのですが、いろいろ調べるうちにオートバイ業界のよさを認識し、この業界をめざすことにしたのです。
希望するオートバイ販売会社の面接では、とにかく意欲をアピールしようと面接を中心にして対策を立てました。すると、授業の合間や放課後に先生が面接練習をたくさんしてくださり、自信につながりました。
でも、一番強みになったのは簿記をはじめ、パソコンのスキルや接遇マナーに関する資格を複数取っていたことです。私の履歴書を見て面接の方から「必要な資格は全部取っていますね」といわれたときは、ちょっと誇らしくなり、うれしく思いました。

 
〜人との出会いが視野を広める〜
内定をいただいた会社には国内や海外にたくさん支店があります。私はいずれ店長として店の運営をまかせてもらうことを目標に定めていますが、そのために与えられた事務の仕事を完璧にこなし、経理や総務、営業などさまざまなセクションで経験を積んでいきたいと思っています。また、さらに取得したい資格もありますので、その勉強も続けます。
高校生の頃は、世のなかにどんな仕事があるかわからず、小さな世界で悩んでいたような気がします。私は飲食店のアルバイトを通していろいろな職種や業界の人に出会い、たくさんの仕事や価値観があることを知る一方、視野も広がりました。ユメが見つからないという高校生は、できるだけたくさんの人の話を聞くことをおすすめします。きっとヒントが見つかると思います。

 
学校名:麻生情報ビジネス専門学校
氏名:上田 若奈
学科:情報経理科
出身校:福岡市立福岡西陵高等学校