YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

診療情報管理士になれたことがゴールじゃない。肝心なのは、これからです。

診療情報管理士になれたことがゴールじゃない。肝心なのは、これからです。

~ 念願の診療情報管理士に ~

地元の佐賀に近い場所に就職したかったことと、高木病院が地元では大きな病院で、フチガミで修得した診療情報管理士のスキルを十分に活かせると思ったので、就職を希望しました。一次試験と二次試験を経て採用が内定した時には、ホッとした反面、「自分にできるのか」と不安な気持ちもありました。
実際に仕事に就いてみると、習った通りにはいかないこともあります。学生のころに実習で体験していたので、だいたいの仕事の流れはわかるものの、実際に患者さまと対応していくとなると難しい面も出てきます。臨機応変に対応していくことも多く、それが難しい反面やり甲斐にもつながっています。
特に高木病院は、いろんなことを経験してほしいという考えから、診療情報管理士の仕事だけでなく、病院窓口の仕事も経験していきます。いろいろな仕事を経験する緊張感はありますが、窓口業務のことを全体的に把握できるので、とても役に立ちます。今の課題は、入院説明をする時にもっとうまく説明できるようになることですね。

~ まだまだこれから ~

フチガミで学んだ事は、実践として役に立っています。特に、患者接遇で学んだ言葉づかいやマナーは、病院で働く上での基礎なので、やっていてよかったなと実感しています。今、診療情報管理士を目指して学んでいる人も、中には「なんで、こんな勉強をするんだろう?」と疑問に思うことがあるかもしれませんが、働き出してから「このために勉強をしたんだ」「ここで、この知識が必要なんだ」とわかる時がきます。専門学校では診療情報管理士に必要な知識や技術を教えているので、ムダな知識や役に立たない技術はないんです。
もちろん、診療情報の基礎に関しては、一からキチンと勉強しておくことをおすすめします。私も学生の頃には頑張って勉強したつもりでしたが、それでも、もっと勉強しておけばよかった、と思っているところです。
まだ働き出して数カ月なので、わからないことだらけです。診療情報管理士になれたことがゴールではないので、もっとスムーズに業務がこなせるようになることが、今の目標です。

 

学校名 F・C渕上医療福祉専門学校
氏名   城島 しおり
学科   診療情報管理科 2012年卒業
出身校 佐賀県立鹿島実業高等学校
就職先 医療法人社団 高邦会 高木病院