YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

自分にしかできない表現をし続ける。

自分にしかできない表現をし続ける。

子供の頃から、落書きしながらストーリーを考えていくのが癖でした。高校生になっても、この癖は変わらず、何の仕事に就いたとしてもそれをやり続けるだろうと思っていたので、できる事なら職業にしたいと思いました。進路を考えていた時、学校にあったさまざまなパンフレットの中から、自分に合いそうな九州デザイナー学院を選びました。授業では、映画を観て構造を分析する時間が好きでした。漫画で一番大事なのは、プロットだと思っていたので、ストーリーの主軸を考える上でとても役立ちました。さらには、現実社会への恐怖感もあり、夢うつつな世界としてマンガ家を切望していました。ただ、漫画家になるには、自分にしかできない表現がある事が最低条件で、あとはひたすら運の世界と聞きます。それに人生は一回しかないので、この職業に就かなければ自分の人生は失敗したことになると、そんな視野の狭い脅迫感に駆られ、「やる」しかないとひたすら進みました。結果、自分も運良く連載できるコミックに出会い、念願の仕事にありつけました。仕事を始めた当初は、作業の段取りを一から模索しなければならず、効率を覚えるのは大変でしたが、今は「進撃の巨人」という漫画を手がけています。そして売上部数は、年々伸び累計450万部を超えたそうなのだが、未だに夢を叶えたという実感はなく、漫画業界全体における普及感覚さえ実感できていない状況なので、自分の作品を見ても、どこか他人事のような感覚があります。そんな風に、いつになっても夢を叶えたかどうかを立証できるものはないですし、もし叶わない夢になる可能性が高いことをしていると解っていても、その夢を目指さずにはいられないのであれば、僕は誰に何を言われても進み続けるのだと思います。

 

学校名 九州デザイナー学院
氏名   諫山 創
学科   マンガ学科2007年卒業
出身校 大分県立日田林工高等学校