YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

一人ひとりとの対話を通して、一人ひとりの健康や好みに合わせた最善の食事を作る

一人ひとりとの対話を通して、一人ひとりの健康や好みに合わせた最善の食事を作る

~学びたい、という想い~

中学生の時に給食の先生と仲良くさせていただいて、栄養士の仕事に興味を持ちました。さらに3年生の時に祖父母が入院をした際に病院の治療食を見て、「こんな仕事がしたい」と思ったんです。減塩などの制限があっても美味しそうな治療食だったことに感銘を受けました。小さい頃からおじいちゃん子・おばあちゃん子だったので、病院や老人ホームで働けたらと思っています。高校に入っても栄養士になりたいとの考えは変わらず、東筑紫短期大学の食物栄養学科に入学しました。そこでの授業や実習での学びが面白く、「もっと深く勉強したい」と思い、九州栄養福祉大学への編入を決めました。
短大での実習の経験は、編入を決める大きなきっかけだったと思います。私は実習で比較的小さな個人病院へ行ったのですが、そこの栄養士さんは患者さんとの距離が近く、一人ひとりの好みに合わせて料理を作られていたんです。今まで「栄養士」という仕事は栄養バランスを考えた献立を考えることが主な役割だと思っていたので、患者さんと会話をして好みを把握した上で献立を考え、さらに料理の感想を患者さんに聞かれている姿が、すごいなと感じました。私ももっと勉強して、管理栄養士としてできることの幅を広げ、患者さんのどんな相談も受けられるようになりたいと思っています。どんなに栄養バランスのいい食事でも、食べてもらえなければ意味がありませんから。

~責任の重さ~

大学に編入してからの授業では3年生ということもあり、実践的な授業が多いです。特に印象的だったのは実際に栄養士として最前線で働かれている外部の先生による授業でした。床ずれで苦しむ患者さんの患部の様子や独特の異臭、ガン末期の患者さんへの対応の仕方など、その方自身の体験を写真も見せながら伝えてくださり、栄養士の責任の重さを強く実感しました。高校の時には単に「料理をつくる仕事」だと考えていたのですが、短大や大学で授業を受ける中で、人の命と密接に関わる仕事だということを知りました。栄養士は思っていたより大変で中途半端にはできない仕事です。こうした覚悟ができることで、実際に自分が栄養士として働くということが具体的になっていきました。
もっと勉強して、管理栄養士として病院や老人ホームで患者さんや高齢の方の「食」から、命を支えていきたいと思います。実習で出会った栄養士の方のように、一人ひとりの患者さんと向き合える栄養士になることが目標です。誰とでも関われる、人の気持ちがわかる栄養士になりたいですね。

学校名    九州栄養福祉大学
氏名     宇都宮 里菜
学年     3年
出身校    福岡県立青豊高等学校