ユメカツ | » 独自のアイデアで人を巻き込みながら斬新かつ人の心を動かすものをつくる
YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

独自のアイデアで人を巻き込みながら斬新かつ人の心を動かすものをつくる

独自のアイデアで人を巻き込みながら斬新かつ人の心を動かすものをつくる

〜 実践の日々 〜

今の職場に着くことになったのは、学生時代からこの職場でアルバイトをしていたからです。社員さんから入社しないかという話をいただき、そのまま働くことを決めました。ずっと映像などのものづくりの仕事がしたかったので、大変ありがたい話だと思いました。そのアルバイトも私がいろいろな撮影現場に足を運び、お手伝いをしていた頃、声をかけていただいたことがきっかけでした。その頃は2年生になっていたのですが、学校で学んだ知識や理論を現場で経験したいと思い、卒業された先輩などを頼ってドラマや映画の撮影現場に頻繁に行っていたんです。現場に行くたびに新たなことを学べるし、人との繋がりもできました。最初はもちろん右も左もわからない状態でしたが、徐々に経験を積み、分かる事が増えていきました。ひたむきに好きなことをやれていたので、とても楽しい日々でした。
今は制作会社のCM部という部署で働いています。業務としては、監督が作ったコンテに合うロケ地や小道具を集めたり、撮影時には撮影環境を整えたり、とにかくやることがたくさんあります。生活も不規則で長時間働くこともありますが、続けていられるのはやっぱり「好き」だからです。その一言に尽きると思います。CMを作っているので、商品の売れ行きに変化が出るなどの成果が出たときはやりがいを感じますし、さらに賞をもらえた時にはより一層達成感があります。

〜 挑戦する姿勢 〜

映像に興味を持ったのは歌謡曲のPVがきっかけです。私の父が仕事の傍らアマチュアでカメラマンをやっていて、よく撮影に連れて行ってもらっていたので、強く影響を受けています。また、ジャンルを問わず映像を見るのもすごく好きなので、もっと学びたいと思って九州ビジュアルアーツに進学しました。もちろんそこで学んだ基礎知識は今の現場に役立ちますし、何より私にとって重要だったのは先輩との繋がりでした。先輩に連絡を取ったことで撮影現場に入る機会をいただいて、それが今の仕事にも繋がっています。
高校では生徒会長をやっていたのですが、周りを巻き込んで新たなことを提案する異色のタイプだったと思います。とにかくみんなで楽しもうと、体育祭などの行事のたびにイベントを企画したり、卒業生に向けたビデオレターや学校新聞を作ったりしました。そうした姿勢は今でも変わっていません。  これからも自分から積極的に動いて、たくさんの技術やノウハウを吸収し、将来は監督として自分の作品を作れるようになりたいですね。喜怒哀楽ジャンルを問わず、見る人の心を動かせるような作品をつくりたいです。働いているとやりたいことや挑戦したいことがたくさん出てきてキリがないくらいなのですが、一つずつ実現していきたいと思っています。

 

学校名  九州ビジュアルアーツ
氏名   江崎 久美子
学科   映画学科 映画専攻
出身校  明光学園高等学校
勤務先  株式会社ビデオ・ステーション・キュー