ユメカツ | » 最先端の技術で便利さと使いやすさを追求し、今の社会が求めるモノをつくる
YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

最先端の技術で便利さと使いやすさを追求し、今の社会が求めるモノをつくる

最先端の技術で便利さと使いやすさを追求し、今の社会が求めるモノをつくる

~情報が好き~

高校の時の授業が面白かったことがきっかけで興味を持ち、「もっと情報の知識を深めたい!」と思い情報通信工学科を選びました。その授業ではパソコンの分解を行い、複雑に組み合わされた部品を取り出して並べてみて、「この子たちが頑張っているんだ!」と感動したのを覚えています。今思えば機械を扱うことは小さいころから好きで、家にあるパソコンでペイントや写真の加工をするだけでなく、「このキーボードを押したらどうなるんだろう」と小さな実験をして楽しんだりしていました。
大学に入ってからは、プログラミングやネットワーク通信などの情報に関する専門的な知識を幅広く学ぶことができ、卒業時には情報通信に関する資格も取得する予定です。現在は大学で学んだことをどの分野で活かしていくか、自分の可能性にわくわくしながら就職活動をしています。

~やりたいことがやれる場所~

大学では専門的な機器も充実していて、多種多様な実験ができました。基礎・応用・創成の3つの実験があり、中でも創成では自分で自由に実験内容を組み立てることができます。自分が気になったことを実験できるところがとても楽しく、もっと学びたいという意識にも繋がりました。大学で知識を深めていくうちに、自分の興味や可能性もますます広がっていったと思います。
また、私の学科では89名中6名と女子が少なく、入学当初はとても不安に思っていました。今後入学する後輩が私と同じ思いをして欲しくなかったことと、学部や学年を超えた女子同士の繋がりを作りたいという思いから、学校にサポートしてもらいながら「FIT女子会」を立ち上げました。女子会の初代会長を務めたことで、計画することの難しさを知り、また行事を実際に企画・運営していくことで「相手が何を求めているのか」を考えながら行動できるようになりました。意欲的に「何かやりたい」と思って行動すれば実現できるのが、この大学の良いところだと思います。

~人に役立つモノを~

女子会を創設し、中心となって運営してきたことで、人との繋がりの大切さを改めて実感することができました。情報化が進み、人との繋がりが希薄になりがちな現代ですが、情報の便利さを活かしたシステムや人々が安心してネットワーク社会に住めるような環境を作ることで、人との繋がりを大事にしていきたいと思っています。
今後はそのようなシステムや環境作りを通して人々の役に立てる仕事に就くことが、今の私の目標です。大学で身に付けた情報の知識やたくさんの人との交流を通して学んだことを活かして、これからもずっと情報に関わっていきたいと思っています。

学校名  福岡工業大学
氏名   道下 友花
学科   情報通信工学科
出身校  大分県立大分南高等学校