ユメカツ | » SEのプロになってから、私らしくCGイラストを活かしたい。
YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

SEのプロになってから、私らしくCGイラストを活かしたい。

SEのプロになってから、私らしくCGイラストを活かしたい。

小さい頃から絵を描くことが大好きでした。小学校の時は、親からコンピュータを買ってもらい、イラスト作成ソフトでずっと遊んでいました。また、ゲーム初体験の時には、3Dのあまりの美しさに感動しました。初めて尊敬した人は、ゲームクリエイター兼キャラクターデザイナーである稲船敬二さん。「ロックマン」の生みの親としても有名な氏の工夫を凝らしたクリエイティブ力に憧れていました。私も同じ様に、発想力や表現力を身につけたいと思い、高校生の時は、3DのCGクリエイターが夢でした。ゲームのキャラクター作りをしたいと思っていました。進路は早い段階で決定し、様々な短期大学のオープンキャンパスに行きました。そこで、教育過程やモノづくりの環境が充実している事はもちろん、活気の良さや先生たちの人柄にもこだわりました。短大大学部時代は、プログラミングを学習し、数の面白さやロジックパズルのような面白さに目覚めました。SEに増々関心が高まりました。また、グラフィックや3Dのデザイン課題も楽しみながらできました。そんな中、学校やアルバイトで様々な人に出会い経験をする内、誰かの役に立つこと「ありがとう」を言われる事にとても満足感を強く感じている自分に気がつきました。そこからソリューションを自発的に学び、これこそがやりたいことだと実感しました。自分の開発したソフトをより良い活用法で使って欲しい。そして、いつかは好きなCGを活かせたら…と、夢がさらに広がりました。それにはキャリアアップも必要だと感じ、大学への編入を選択しました。大学時代は、CG、3D、アニメーション、HP、プログラム、音楽など…、ネットワーク関係の中で幅広く学びました。実践での授業も多かったので、しっかりと身に付きました。現在は、企業向けソフトウェアの設計開発・保守サポートからWEBサイトの制作・運営までを行う会社に内定が決まっています。まずはSEとして働き、将来は好きなCGの技術も駆使して新しいものを作りたいと思っています。今は、目標も明確になりモチベーションもついてきているので、これからは作ったものを評価してもらえるようになりたいと思います。そして、他人の考えていることに好奇心を持つ事を忘れず、いつまでもステップアップし続けたいと思います。

学校名 福岡工業大学
氏名   上園 詩織
学年   4年
学科   情報工学部情報工学科
出身校 鹿児島県立加世田高等学校