ユメカツ | » ひとりひとりの子どもを大切にし、強い責任感を持って、子どもの成長の力になる
YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

ひとりひとりの子どもを大切にし、強い責任感を持って、子どもの成長の力になる

ひとりひとりの子どもを大切にし、強い責任感を持って、子どもの成長の力になる

〜 子どもが好き ~

小さい頃から自分より年下の子の面倒をみることが好きでした。大人になっても子どもたちに囲まれた生活がしたいとの気持ちは変わらず、先生になることがずっと夢でした。幼稚園教諭になることができてやっと4年目ですが、去年から年中クラスを担当させてもらっています。子どもの成長に関わる仕事なので大きな責任を感じますが、子どもたちの笑顔や「ありがとう」という言葉を励みに頑張っています。ハサミ使いが前よりも上手になったり、苦手な食べ物を食べられるようになったり…そういう小さな成長に触れた時には心から嬉しく、やりがいを感じます。

〜 学校で学ぶこと 〜

高校卒業後、附属幼稚園もあり実習など充実した学習ができると思い、香蘭女子短期大学の保育学科に進みました。1歳上の姉も同校の保育学科に通っていたため、実際の話を聞いて具体的にイメージができたことも大きかったと思います。短大で保育について学んだことはもちろん今に活きています。短大の時に使っていた教材や実習の時に自分で作った手遊びは今でも使ったりしますし、特に実習でつけていた日誌に書いていただいている先輩の先生方の言葉は私の一番のテキストです。
また、小学校から高校までやっていたバスケットボール部の活動の中で身についたことも今に繋がっています。上下関係、挨拶、礼儀は先輩や保護者の方との関係で大切ですし、目配り、気配り、心配りも多くの子どもを見る上で欠かせないものです。中でも「笑顔で元気に挨拶をする」ということをずっと心がけていて、子どもたちにも「挨拶は魔法の言葉」だと伝えています。

〜 ひとりひとりの出会いを大切に 〜

幼稚園教諭として子どもと関わってきて、いろんな気付きがありました。ケンカをしても子ども同士で解決したり、大人が気付かないような小さな疑問を持っていたりして、子どもから学ぶこともすごくありますね。また、お遊戯会や運動会など子どもや保護者の方と一緒に、ひとつの大きな行事を終えた時にはやりがいを感じます。幼稚園教諭になったばかりの頃と比べると、この仕事にもかなり慣れてきました。子どもの対応や保護者の方との連携の取り方などで、試行錯誤をしながら経験を積み重ねています。これからもたくさんの子どもと関わることになりますが、そのひとりひとりの子どもとの出会いを大切にしたいと思います。大人になって思い返した時に「素敵な幼稚園生活だったな」と私を思い出してもらえるように、これからも笑顔を大切に頑張っていきたいです。

 

学校名  香蘭女子短期大学
氏名   峯 香織
学科   保育学科 2010年卒業
出身校  福岡県立柏陵高等学校
勤務先  香蘭女子短期大学附属香蘭幼稚園