YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

可能性の広がりにチャレンジ、がん治療を担うユメ追いかけて

可能性の広がりにチャレンジ、がん治療を担うユメ追いかけて

〜未知だった世界をめざした理由〜
小さい頃、病院で介護を受けていた祖父をマッサージする介護士さんを見たり、家族に肩もみをすると「上手だね」と褒めてもらったりしたことで、人をケアする仕事に興味を持ちました。中学生の頃には目標がはっきりして柔道整復師になろうと思うようになりした。部活で腰を痛め、整骨院で施術をしてもらった際、柔道整復師という仕事は、薬を使わず
にケガや痛みを緩和するという考えがあると知ったからです。
高校2年生の時に、福岡医健専門学校のオープンキャンパスに参加したことで、鍼灸師という仕事に興味を持ち、目指すきっかけになりました。鍼灸のことはよく知りませんでしたが、私が女性だったため「柔道整復師より体力的にハンディが少ない鍼灸師も検討してみたら」と親からアドバイスを受け、軽い気持ちで体験授業を受けてみたのです。
鍼を使うので怖いというイメージがありましたが、身体への負担や痛みはほとんどなく、不調を改善できるとのこと。また、病気にもアプローチでき、スポーツや美容にも活用されていることを知りました。これは女性の感性が活かせる仕事なのではないかと思い、鍼灸を学ぼうという気持ちになったのです。

 
〜学ぶたびに感じる奥深さと高まる将来性〜
入学当初は世間に鍼灸のことがあまり知られていないことが心配で、鍼灸を学び続けることに対する不安がありました。また、実際に鍼を打つ実習や、東洋医学や生理学の勉強が大変で、生半可な気持ちでユメは実現できないことがわかりました。
しかし、学ぶうちに、冷え性や目の疲れなど、病院に通うほどではない「未病」を改善したり、病院でがんの緩和ケアに利用されたりと、これからの医療に必要とされる分野であることを知り、学んでよかったという思いが強まりました。実家に帰省した際、眠れないという家族に施術して効果を実感してもらった時はうれしかったし、鍼治療のすごさを改めて実感しました。

 
〜たくさん学校を見て回り、ユメ探しを〜
今の私のユメは、がん治療に鍼灸の技術を活かすことです。現状では末期患者のケアに使われているだけですが、鍼灸の可能性はもっと大きいと考えています。それを実現するために学校でしっかり学び、鍼灸院で働いて技術と経験を身に付けたいと思います。
私は、オープンキャンパスの体験授業で鍼灸師を知ることができました。まだユメが描けないという高校生は、自分の可能性を探るためにもたくさんの学校を回ることをおすすめします。特に専門学校は目的を絞って知識や技術を学ぶところなので、自分に合わない学校や学科に入学すると、とても後悔するはずです。学ぶ学校の雰囲気を体で感じることも大切ですから、オープンキャンパスにはぜひ参加してほしいと思います。

 

福岡医健専門学校
学 科 鍼灸科
出身校 大分県立日田高等学校
氏 名 穴井 果歩