YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

毎日、子どもたちの笑顔を見たいから

毎日、子どもたちの笑顔を見たいから

~ 輝く人 ~

幼稚園教諭か保育士になりたい。小さい頃から、それが夢でした。私自身、通った保育園が大好きだったこともあり、高校3年で進路を考えたとき、保育学科のある学校へ行きたいと気持ちはすぐに固まりました。
短大では、たくさんの実習に取り組みました。現場の様子を感じとれるし、実際に働いている先生方から直接アドバイスをもらうことで「仕事をする」という自覚を持つことができたと思います。
最初は保育園への就職を考えていましたが、現在の幼稚園で実習した時に、働いている先生が輝いて見え、幼稚園へと気持ちが傾きました。その時からです。ベテランの先生に憧れるようになり、一緒に働きたいと思うようになったのは。この幼稚園に就職して6年目になりますが、今では、あの時に憧れた先生と一緒に仕事をしています。言葉かけや子どもとの信頼関係など、とても勉強になる毎日です。

~ 子どもが第一 ~

子ども相手の仕事なので、一人一人に違った対応が望まれることも多々あります。その子の個性も違うし、家庭環境も違うし、「みんなが同じ」というわけにはいかないところが難しいですね。保護者と連携をとりながら、毎日が試行錯誤の繰り返しです。大変な面もありますが、そこが一番のやり甲斐でもあります。
学生の頃は、先生や親や周囲の人に頼ることばかりでしたが、社会人になると人のために動くことが多くなり、責任感も出てきました。自分のことだけでなく、先輩を見習ったり、後輩を気にかける余裕も少しは出てきたと思います。
幼稚園教諭の仕事は、いろいろな活動や遊びを通して、「子どもたちの心身の発達や才能の芽を育てる」ことです。泣いていた子が笑顔で登園できるようになったり、面倒をみられていた子が年下の子の面倒をみたり、できなかったことができるようになったり。子どもたちのそんな姿を見ていると、「成長したな」とうれしくなるし、運動会や発表会などの行事が成功した時には、言葉にあらわせないほどの達成感もあります。
大変なこともありますが、まずは子どものことを第一に考え、みんなが「楽しい!」と思えるような幼稚園にしていきたいと思っています。それが、今の私の夢です。

学校名 香蘭女子短期大学
氏名   鍋倉 由佳絵
学科   保育学科 2007年卒業
勤務先 香蘭女子短期大学附属 那珂川第一幼稚園