YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

相手の気持ちを常に考え、幅広い人に喜んでもらえるお菓子を作る

相手の気持ちを常に考え、幅広い人に喜んでもらえるお菓子を作る

〜 喜んでもらいたい 〜

小学校の頃に母と一緒にお菓子作りをしたのがきっかけで、お菓子を作ることにのめり込んでいきました。それを友人や家族にプレゼントして、喜んでもらえるのがとても嬉しくて、もっと多くの人に食べてもらいたいと思うようになったんです。高校生の時、本校のオープンキャンパスへ来て、校内や先輩の雰囲気がよく、直感で「ここにしよう」と決めました。洋菓子製造の会社に就職が決まりましたが、パティシエとして、子供から大人まで誰の口にも合うような、相手の気持ちを考えたお菓子を作っていきたいと思っています。

〜 もっと学びたい 〜

学校では製菓理論・衛生理論、そして接客の仕方まで、様々な授業があります。海外研修でフランスに行って、お菓子のルーツを学んだことが印象的でした。同じものでも日本での作り方と全く違うということが意外でした。たくさんのことを学びますが、やはり実習が一番楽しいです。今までは家でレシピを見て作っていましたが、基礎さえあればどんなアレンジもできるんですよね。学校で理論を学んだり実際に作ったりするうちに、「もっとお菓子作りを知りたい」という気持ちになりました。また、学校のイベントで自分たちの作ったものを販売する機会が年に3回あります。この経験のおかげで、相手の気持ちを考えられるようになりました。
今はアメ細工に熱中していて、放課後はよく自主練習をしています。1年生の頃はケーキなど一般的なお菓子作りが好きだったので特にアメ細工は意識していなかったのですが、先生や先輩方が作るアメ細工が素敵で、私も作りたいという気持ちになりました。ツヤをいかに出すか、ということにこだわったり、アメで作る花の形も自分流のやり方で作ったりしています。いつか、ウエディングケーキとアメ細工をコラボさせた作品を作ってみたいです。

〜 目の前のお客様のために、もっといいものを 〜

お菓子作りでは、微量でも味や質が変わるため失敗も多く、できあがったお菓子に納得がいかないこともあります。ショートケーキなどシンプルなものほど実は難しいんです。最低でもきちんと計量することを常に心がけています。それでも上手くいかないことも…。私は負けず嫌いなので、そういう時は何が悪かったのかを必ず振り返り、次に活かすようにしています。
今後は子供もお年寄りも、甘いものが好きな人も嫌いな人も、どんな人も食べられるようなお菓子を作りたいですね。就職先では実際にお客様に提供するために仕事が与えられることになります。責任も感じますが、お客様の顔を見ることができるので、楽しみも大きいです。

 

学校名  福岡キャリナリー製菓調理専門学校
氏名   硴野 麗奈
学科   製菓製パン科 パティシエコース
出身校  八代白百合学園高等学校