ユメカツ | » いつでも笑顔のそばにあるお菓子をつくりたい。
YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

いつでも笑顔のそばにあるお菓子をつくりたい。

いつでも笑顔のそばにあるお菓子をつくりたい。

中学生の頃、ケーキ屋さんでキレイなケーキを見てはいつもワクワクしていました。そんな素敵なケーキを私も作りたいと家でよく試作していました。その度、家族が「美味しいね」と笑顔で言ってくれるのがすごく嬉しくて、高校は、食品化学科に進みました。そこで、焼き菓子やパンをつくる実習を重ね、さらにお菓子に興味がわきました。高校の頃の夢は、パティシエになることでした。福岡ビジョナリーアーツに決めたのは、体験入学がきっかけです。色々な学校に足を運びましたが、私が見た中では雰囲気が抜群に良かったです。先輩たちがすごく明るく、生徒と先生の距離も近かったですし、こんな学校で勉強すれば絶対に楽しいだろうとイメージできました。入学後は、プロとして必要な知識が増え、アイデアやセンスを磨ける製菓実習もでき、毎日が本当に充実しています。とくに印象深いのは、生地、クリーム、デコレーションと、役割分担してひとつのお菓子を完成させたグループ実習です。みんなと協力しあい作る喜びを体験しました。また、レシピから皿盛りまで一人で担当する実習では、どうしたら美味しそうに見えるかを考え色や盛り付けを工夫しました。インターンシップによりパティスリーで働いた時には、初めて作業スピードを求められたので少し戸惑いましたが、先を見越して動くことが必要だと学びました。分量を間違うなどひとつでもミスがあると、他人に迷惑をかけることも実感し責任感がめばえました。最近では、2回目となるインターンシップで自ら希望し結婚式場に行ってきました。ウェディングケーキを自分でデザインできたのはすごく楽しかったですし、幸せな顔に包まれた空間が自分には合っているとも感じました。これからはまず結婚式場で修行し、自分の生まれた故郷に、誰からも親しまれるお店をつくりたいと思っています。さらに、週に何度か料理教室も開きたいです。今尊敬する人は、担任の稲富先生。先生が、食品展で最優秀作品を受賞した「あめ細工」はキレイで感動しました。そんな憧れの存在に一歩でも近づくために頑張っていきたいと思います。

 

学校名 福岡ビジョナリーアーツ
氏名   江里 佳恵
学 年  2年
学科   フードクリエイト学科製菓専攻
出身校 佐賀県立伊万里農林高等学校