ユメカツ | » 自分のお店を持ち、お客様を満足させ続ける。
YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

自分のお店を持ち、お客様を満足させ続ける。

自分のお店を持ち、お客様を満足させ続ける。

中学校の頃にはすでに夢は、「イタリアンレストランを開きたい」とはっきりしていました。専門技術を身につけることを目的に進路を検討しましたが、夢の変化も考慮して高校は進学校を選びました。とはいえ、高校生になっても何も変わらず家でよく料理をしていたことから、やはり好きなことを仕事にしようと決めました。その頃は、「調理師」を目指していました。独立開業にも興味があったため、専門学校は業界ニーズを身につけ経営のセンスを養うことのできる学校を探していました。最終的にここにした理由は、体験入学をきっかけにバリスタに憧れ、カフェのコースも本格的に取り組んでいるところに魅力を感じたから。僕はもともとコーヒーが好きでしたが、専門学校に進学してからそのことについてより深く掘り下げたいと思うようになりました。エスプレッソマシンを使った授業が大好きですし、トップレベルの現役バリスタから講習を受け、エスプレッソマシンの扱い方やフォームミルクで作り出すデザインカプチーノなど、プロの技術を自分のものにしていくのが楽しくてたまりません。今では、カフェに関係する職につきたいとまで思うようになりました。また、カフェでアルバイトも始めました。学んだことがすぐ現場で活かせているため、夢に向けて手応えを感じています。コーヒーには膨大な知識量が必要ですし、その奥の深さにはまだまだ勉強不足だなと、いつも気が引き締まる想いです、業界の方々とコミュニケーションをとることはとても楽しく、様々な人との繋がりができて嬉しいです。最近では、先輩たちと一緒に、豆の生産国や農園のこと、味わいなどを語り合えるようになりました。そして先日、学校生活の良い思い出となることがありました。UCCコーヒーマスターズの九州地区コンテストで3位入賞することができたのです。以後、周りから練習の成果を褒められ、さらに上を目指そうとやる気が高まりました。
将来は、フードにも力を入れたバールを開きたいです。技術は本物だけれど、誰でもカジュアルに楽しめるお店をイメージしています。僕は、やりたいことを見つけたら、とことんやり抜きたいタイプ。そのためには、素早く行動し準備をしなければならないと思っており、今からお店づくりの計画を具体的に始めています。
学校名 福岡キャリナリー製菓調理専門学校
氏名   江頭 朝也
学 年  2年
学科   カフェ総合科
出身校 福岡県立山門高等学校