YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

お客様が最高に輝くドレスをコーディネートし、感動を届ける

お客様が最高に輝くドレスをコーディネートし、感動を届ける

〜自分の「好き」を真剣に考えた〜
もともとおしゃれに興味があり、スタイリストやファッションの仕事にあこがれていました。高校2年生の終わりに進路を決定する時、先生には大学進学をすすめられましたが、特に学びたいものが見つからなかった自分は大学に行くことを強く迷いました。そこで、あらためて自分のユメについて真剣に考えたら、漠然と進学するより好きなファッションの専門知識を学びたい気持ちが強まったのです。それでファッション関連の職業を調べていると、女性が人生で最も輝く結婚式のドレスに魅力を感じるようになり、ドレスコーディネーターをめざして専門学校で学ぶ決心をしました。
〜意欲を持って学び、ユメの一歩へ〜
実は専門学校でどの程度、学べるのか不安でしたが、実際の現場と変わらぬドレスルームやチャペルなどがあり、授業はとても充実していました。似合う色を見つけるカラー診断や、お客様を想定して接客するフリートークの授業が特に楽しかったですね。昔からのしきたりなど、覚えることも多く、満点を取るまでテストを続けてくださった先生の指導のおかげで、ブライダル業界で働くうえで恥ずかしくない知識が身に付いたと思います。また、接客マナーや面接の心得なども学べ、社会人として働く心構えができました。
ドレスコーディネーターはセンスが必要な仕事なので、普段からいろいろな雑誌やweb を通してドレスを見て勉強することは欠かしません。また、姉妹校や違う専攻学科の授業を自由に学べるFA 制度を利用してヘアアレンジや、写真にも興味があったので写真撮影も学びました。
私は興味をもったらいろいろな分野に積極的にチャレンジする性格なので、好きなことが学べる専門学校は自分を高めることができ、よかったと思っています。
〜お客様の心に残る接客を〜
第一志望の会社の入社試験では、筆記試験や面接、パワーポイントで資料を作って自己アピールするプレゼン面接などがありました。特に自分の美意識やセンスを見られる私服での面接では、自分のイメージに合わせた服をコーディネートし、ヘアスタイルも自分でアレンジして挑みました。ヘアスタイリングの技術を学んでいたのは自分の強みになったと思います。
おかげさまで念願の企業に内定をいただくことができ、ユメのスタートラインに立つことができました。これからはもっと知識やセンスを身に付けて、お客様にとって最高のドレスをコーディネートできるプロになるのが目標です。また、ドレスを選ぶ時間がお客様の幸せな記憶として残る、心のこもった接客ができるようになりたいと思っています。

 
学校名:九州観光専門学校
氏 名:塩屋 梨紗
学 科:ブライダル学科ドレスコーディネーター    専攻
出身校:福岡県立小倉東高等学校