YUMEKATSU MOVE acttop ユメカツロゴ blog116-49 みんなの夢アワード5
みんなの夢 掲載校紹介 ユメ投稿・資料請求 会社案内 当社キャリアガイダンスのご案内

お知らせ

2015年12月11日  

平成27年度 高等学校保健会福岡支部 生徒保健施設見学を開催しました。

DSC00648

 

平成27年度 高等学校保健会福岡支部 生徒保健施設見学を開催しました。

プログラムの目的は、施設での学習を通して、保健問題や環境問題についての知識と理解を深め、今後の生活や保健活動に生かすことで、三潴郡大木町にある「おおき循環センター くるるん」を訪問しました。

 

 

DSC00624

 

午前中は、”持続可能な循環のまちを目指して”についての講義を聞いた後、施設見学を行ないました。

 

 

DSC00617DSC00626DSC00627DSC00618

 

 

 

午後からは

・環境クイズ

・施設見学や講義の感想

・今までもったいないと感じた経験

・これから自分たちにできること

についてグループワークを行ないました。

 

 

 

DSC00638

12336265_10153772129897162_1421746749_n

 

 

 

●  施設見学や講義の感想

「大木町は地域のみんなでエコやリサイクルに取り組んでいるのがすごい(ゴミの分別には住民の協力が必要、取組を看板などで広報している)」「大木町のゴミ処理場は他の処理場に比べ費用が安いこと」「大木町はゴミの分別を29種類もしているのがすごい」「生ゴミを別に回収することでカラスや猫などに荒らされないですむ」「日本でも有数な取組であることが分かった(マスコミでも取り上げられた)」「大木町以外の市町村ももっと取り組むべき」「思ったよりも地球温暖化は進んでいる」「地球温暖化防止のためにできることがたくさんあることが分かった」「地球の環境問題の切実さが分かった」「リサイクルよりもリデュースのほうが大切だということが分かった」「ゴミは資源であるという考え方(ゴミから燃料ガスの生成→発電、使用済みの紙おむつを建材に再生、てんぷら油から軽油精製、など)」「ゴミから作った肥料を住民に配って活用していること」「世界中にある焼却炉のうち3分の2が日本にあることと日本のリサイクル率の低さに驚いた」「ゴミ処理施設なのに臭いが全くしなかった」

 

 

 

●  今までもったいないと思ったこと

「ダイレクトメールや新聞のチラシ」「街頭で配っている広告用ティッシュ」「使い切っていない文具(ペンや消しゴムなど)」「ペンなどでインクの取り換えができないもの」「リップクリーム(使い捨てだから)」「給食の残飯」「文化祭や行事等で余った食品」「弁当に入っているバラン」「割り箸に入っている爪楊枝」「自販機のペットボトルや紙パックジュースなど」「飲み物のストロー」「イルミネーション」

 

 

 

 

これらを踏まえて、生徒にこれから環境問題について、家庭・学校・地域で、自分たちに出来ることについて発表してもらいました。

 

 

DSC00644DSC00643DSC00642DSC00647

 

 

 

●環境問題について、家庭で自分たちに出来ること

・買い物時はエコバックを持参する(レジ袋は断る)

・過剰包装は断る

・無駄なものは買わない(最後まで使い切る、必要かどうかよく考える)

・物を捨てる前にだれかに譲ることを考える(リサイクルセンター等)

・ゴミ(紙、食材など)をできるだけ出さない

・消費期限内に使い切る

・食事は残さず食べる(残り物は捨てずに冷凍保存)

・料理は作りすぎない

・冷蔵庫のドアはこまめに閉める

・米のとぎ汁は捨てずに植木などの撒き水に使う

・出たゴミはできるだけ細かく分別する

・生ゴミは堆肥にする

・油を含んだものは生ゴミに出さない

・飲料物は紙パックではなく、ビンなど何回も使えるものを買う(繰り返し使えるものは何度も使う)

・子供会や地域の廃品回収を活用

・古くなったタオルは雑巾にする

 

 

 

 

●環境問題について、学校で自分たちに出来ること

・授業や昼食等の中で出るごみの分別

・紙(プリント類)の再利用

・地域の清掃活動

・教室、トイレなどの照明は使っていないときは消す

・学校の物(公共物)を大切に使う教育の徹底

・弁当容器の回収

 

 

 

担当者である西田の感想

・実際に現場に行き大木町の取り組みを見て聞いて感じて、驚き感激することが多く、地球の環境問題を自分ごとに感じてもらえたようです。環境問題を自分ごととして捉えられたため、午後のグループワークのなかでは活発な意見交換がされていました。

・生徒が考えた「環境問題に関する自分たちが出来ることに対するアイデア」から、我々大人が学ぶことも多くありました。

・プログラムの最後に、「これから環境問題を自分ごととし、今日気づいたアイデアを実行しようと思う人」と、「今日学んだことを周りの人に伝え、周りの人のもったいない行為を指摘しようと思った人」と尋ねると、生徒全員が手を挙げてくれたことが何よりも成果だと思います。

今回の施設見学で気づいたアイデアを自分が実行するだけでなく、継続し、周りの家族や友人にも伝えていってくれることを願います。

 

 

参加校:香椎高校 春日高校 光陵高校 古賀竟成館高校 早良高校 修猷館高校 新宮高校 水産高校 筑紫丘高校 筑紫台高校 中村学園女子高校 柏陵高校 福岡魁誠高校 福岡講倫館高校

 

 

 

 

 

  • ▼イベント情報

    高校生が受講できるイベントを掲載

    2017年6月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • YUMEKATSUMOVIE
  • BOOK
  • RADIO
  • GUIDANCE
  • act240-96
  • act240-96
  • みんなの夢AWARD5
  • 部屋マイスター