YUMEKATSU MOVE ユメカツロゴ blog116-49 先輩のユメカツ
みんなの夢大募集紹介 みんなの夢大募集ユメ投稿 ユメが叶う大学・短大・専門学校紹介 ユメが見つかる大学・短大・専門学校紹介 資料請求

お知らせ

2017年09月08日  

キャリアガイダンス「未来をになう高校生への3つの質問」福岡女子大学 学長特別補佐 松田 美幸氏

松田先生

ある高校で、
福岡女子大学の学長特別補佐である松田美幸さんに講演をしていただきました。
この内容はぜひ他の高校の生徒にも届けたい!
ということで、こちらのページで紹介します。

 

未来を担うリーダーである皆さんに、3つの質問をします。

質問① 今のあなたは、何でできていますか?

物質的には水やたんぱく質でできていますね。では人間として何でできているかというと、 これまでの「選択」の積み重ねだと思います。今通っている高校に来ることも、今日の話 をどんな風に聴くかも、みんな「選択」です。そして、その結果が自分。自分以外に誰も 責任を取ってくれません。だから、皆さんには「選択する力」をしっかりと身につけて欲 しい。

 

東京都の小池百合子知事は、エジプトのカイロ大学へ留学経験があります。なぜエジプト を選んだのでしょう?アメリカやヨーロッパだとたくさんの人が留学していますが、まだ 当時はエジプトなんて日本人は誰も行っていませんでした。だから自分の強みにできると 思ったそうです。

 

皆さんがひしめきあっている状態を「レッドオーシャン(赤い海)」と言い、まだ誰もいない 状態を「ブルーオーシャン」と言います。小池都知事は、ブルーオーシャンを選んだので す。

 

これから皆さんがさまざまな選択をするとき、誰もが選ぶレッドオーシャンでいくのか、 自分でブルーオーシャンを見つけて挑戦するのか、どちらが正解というわけではありませ ん。ただ、いま見えている選択肢だけにとらわれないで、誰も気づいていないブルーオー シャンがあるかもしれないと、自分で選択肢を広げ、自分で納得のいく選択をして欲しい のです。「自分のものさしを持ち、そのものさしを自覚して使う」ということです。

 

この「選択する力」は、21 世紀に必要な力の大切なひとつです。

 

21 世紀に必要な力をあと2つ紹介します。ひとつは、「情報を見極める力」です。今は情 報にあふれています。また、皆さんにはたくさんの人がアドバイスをくれるでしょう。そ んな情報の中から、自分の選択に必要な情報を見極める必要があります。親の世代の情報 はこれからの未来に適用しないことも多いので、もらったアドバイスをどう解釈するかと いう判断も大切です。

 

そのアドバイスは、その人なりの情報収集によるものなのか、過去の成功体験によるものかなど、アドバイスの背後にある相手のものさしや判断の根拠を聞いてみないと、そのま ま受け取っていいかどうかはわかりません。それを見極めるには、「質問すること」が大 事です。

 

もう一つの 21 世紀に必要な力は、「対話する力」です。多様な価値観の人とかかわってい く上で、お互いを理解しあうために欠かせない力です。ハリーポッターの映画で有名なエ マ・ワトソンさんは、世界ではまだ男女平等を実現した国がない中、世界に向けて「男女 平等を実現しよう」とスピーチをしました。しかし、男女平等に反対する人たちからは、 命を脅かされることもありました。そのくらい、世の中の価値観は多様です。だからこそ、 対話を続けて、理解しあう必要があるのです。

 

21 世紀に必要な3つの力についてお話をしました。 「選択する力」は自分を理解することであり、「情報を見極める力」は社会を理解するこ とであり、「対話する力」は他者を理解することです。

 

質問② あなたの強みは何ですか?

弱みの克服を考えるより、徹底的に自分の強みを活かす方が自分の個性を発揮できます。 また、他の人が強みと思わないことが強みになることもあります。

 

私は貧乏な生活を体験していることが強みです。どんなに貧しくても食べていける自信は あるし、貧乏であることは怖くありません。

 

中学生のときは修学旅行に行けるかどうかギリギリでした。高校はアルバイトで稼いだお 金と奨学金で行きました。大学も、入試の後の 1 ヶ月の集中バイトで入学金と前期の授業 料を稼いで、その後も学費だけでなく生活費も、妹たちの学費も稼ぎながらの学生生活で した。

 

大学で 1 年間の留学の奨学生募集のポスターを見たときは、「これだ!」と思いました。 この奨学生は航空運賃も授業料も生活費も出してくれるものだったので、アルバイトをし なくても、たっぷり勉強ができると思ったのです。私のまわりの学生の大半は、今が幸せ だから、わざわざ海外に行って大変な思いをしなくてもいいと考え、留学することを選び ませんでした。私は、貧乏だったからこそ留学できたんです。留学先でも、洋服は上下と もに黒で毎日ほぼ同じ。着るものにはお金をかけず、未来の自分への投資にお金を使いま した。

 

私たちの選択は、突き詰めると、お金と時間の使い方の選択です。誰と過ごすのか、何を するのかという判断をして、お金と時間の使い方を決めているのです。その結果が、今の 自分を作っています。

質問③あなたにとって「働く意味」は何ですか?

「ライフワーク」「ライスワーク」という考え方があります。ライスワークは食べるため に働くこと。ライフワークは人生をかけて取り組むこと。いずれにしても、経済的な自立 は必要なことですが。

 

同じ人が同じことをしても、その人が自分の人生で何を求めるかによって、ライフワーク にもなり、ライスワークにもなります。

 

ライフワークに出会うまでライスワークをする人。ライフワークでスタートし、貧乏でも がんばって、それをライスワークにする人。いつかライスワークとライフワークが重なる 人。ずっと重ならない人。人それぞれで正解はありませんが、自分は何のために働いてい るのか、いつも忘れずに選択をしてください。

最後に

せっかくの人生だから、自分の人生を存分に生きて、周りにプラスの影響を与え たいと思ってきました。自分の人生のプレイヤーになろうともせず自分の生活に不満ばか り言う人は、他者の足を引っ張る人になります。自分の人生を生ききって、まわりを応援 できる人になりましょう。
 
 
 
 
その他のGuidanceページへ

  • ▼イベント情報

    高校生が受講できるイベントを掲載

    2017年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • YUMEKATSUMOVIE
  • BOOK
  • RADIO
  • GUIDANCE
  • ユメカツブログ
  • 夢が見つかる大学・短大・専門学校紹介
  • 先輩のユメカツ
  • 部屋マイスター